fc2ブログ

#サードアイと丹光 #ゴーグルと入れ子の夢 【5/21(土) 東京ワーク ~所感と解説~】 

2022/05/22

5/21(土)東京にてワーク開催しました。

円
6時間の長丁場、今回も笑いあり秘教ありで濃密でした。



【サードアイと丹光】

サードアイ
サードアイと盆の窪を開く


サードアイは前方に押し出さず中心は「空」のままフワッと開き、あくまでも「受信機」に徹するようにします。
(空の在り方は別の方法で具体的に体感していただきました)

前方に丹光を見る流派もありますが、眼と認識が剥がれていないままだと多くの場合、禅定の修行だけで
一生が終わってしまいます。

肉体と同化している段階でここに圧をかけて光を見ようとすると、眼が認識と連動してしまうのです。
(といってもこの方法が無効ということではなく、個人的には認識の転換後に取り組んでこそ、改めて
有用性が実感できるのではと思います)


逆に、頭部の立体意識を造ってから目の裏に付随した自意識だけをスルッと寝落ちするように落とし、
光を伴うヴィジョンが「内部の目」の位置で勝手にフラッシュするのに任せてしまえばよいのです。

(ただし、光を見るのは過程で起こってくる現象にすぎず、それ自体が目的なわけではありません)

今回のワークでは簡単な仕掛けとして物理的な光の残像を利用し、具体的にどの位置でどのように
見るのかを体感していただきました。


フラッシュ
(実際のヴィジョンは、肉体の目の耐えうる輝度を超えています)


【内部の目とカルマの磁力】


頭の中心部は物理的な引っかかりがないので最初はモヤッとした空白に感じられますが、意識を単体
で認識できるようになると中心の位置(中心自体は完全に空白なので認識できない)が明確にわかる
ようになります。

この3次元の身体において、便宜上の認識の発生ポイントはこの位置で、客体化された対象 をどこまでも
切り離していくとブラックホールの入口のようなところが見つかります。

ここに現象発生の萌芽がランダムに存在していて一つの瞬間にひとつのフラッシュとともに一つのヴィジョン
が選択され、その瞬間に砂鉄のように時系列の時空が集積され放出されるのです。

この現象を見切る前段階として、内部の目(ここは肉体側の境界)の位置で、整合性のとれた映像になる
直前のヴィジョンが断続的にフラッシュします。

このヴィジョンが顕われたときに気絶してしまうと、一瞬で映像になり現象側に雪崩れ込んでしまいます。


「砂鉄のように集積」させるのは、カルマの磁力です。

(一瞬の気絶から)気づいたときには、すでに現象の映像に入ってしまっているのです。

この磁力は、現象側の自意識で能動的に引き剥がすことは不可能です。

「すべては自動的に起こっている」というのは、このことを言っているのです。


能動的には不可能でも、その地点を見切り、境界に在ることは可能です。

「無執着」とは心理的な美徳などではなく、磁力に引っ張られないための構造的な必要条件です。

境界に在るとき(ただ在るだけでも異常な磁力の圧に「意識単体で」耐えなければならないのですが)、
現象側に放出されずにランダムな選択の場を眺めていることだけはできます。


調整
丹田に意識を落とす



【ゴーグルと「入れ子の夢」】

前々から危惧しているのは、この認識を確立する前に「前方方向のヴィジョン」に気絶したまま
「ゴーグル(やがて脳に直接装着するようになる)」を付けてしまえば、カルマの磁力を見切るどころか、
磁力を利用され「世界の見え方」を意図的に方向づけられてしまいかねないということなのです。

「見え方」の強制は、脳の使用部位を固定し、やがて形質進化にまで影響してくることでしょう。

これは、夢の中でもう一段階深い夢に永遠に閉じ込められることと言わざるを得ません。


もし夢のまた夢の中に閉じ込められても、それ以前に目覚めていた者が仮想世界の見え方を逆手に
とって仮想の手をとり足をとり「目覚め方」を教えてくれるかもしれません。

ただし、目覚めのハードルは今よりもさらに一段階上がってしまうことになります。


言ってみれば、今現在の私たちというのも、同じように「かつての私たち自身によって」この夢に
閉じ込められたのです。

そして、今まさに私たち自身がさらに深い夢を創って自分を閉じ込めようとしているのです。


現実世界ではすでに、仮想現実の中に「もうひとつの地球」を創るという計画があります。

私たちは、このように「入れ子の夢」を何度となく創り続けてきました。


「そんなの死んでしまえば関係ないさ」と言うかもしれませんが「肉体意識と同化した死」は、入れ子の
夢の解決にはなりません。

そして、このままでは恐ろしいことに偶発的なチャンスたり得た「死」ですらも仮想になってしまうのです。



【わかるときにわかる】

頭頂


回を重ねるにつれ、真っさらな意識でワークに取り組んでくださる方々が「あっ、このことかも!?」
とハッとされたり、一瞥体験のある方が「ああ、このことだったのか」と気づいてくださることが増え有難く思います。

壮大に見える話も絵空事ではなく、ごくごく単純なひとつのことに全て繋がっています。

わかるときは「指一本」だけでわかるのです。


千手
合わせ鏡の中で


関連記事
⇒ #ワンネス感覚 #エネルギーを通す 【4/30 (土) 東京ワーク ~所感と解説~ その1】


※ワーク参加ご希望の方は、メルマガ登録をお願いします。
⇒ ご登録フォームはこちら



⇒ Rubin's work 主催 AYA プロフィールはこちら

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ
このエントリーをはてなブックマークに追加
comment (0) @ ワーク

【5/21(土)14:00~17:00 、17:30~20:30「東京ワーク参加募集」】     

2022/05/08

*****  Rubin’s work  東京ワーク開催日時のお知らせです。

ワーク3


◆5/21(土) 14:00~17:00 、17:30~20:30
定員に達したため、募集を締め切りました。
次回は6/12(日)開催予定です。
参加ご希望の方は、まずはメルマガご登録ください。

⇒メルマガ登録はこちらから

※前半(基礎)と後半(実践)に分けて行います。

通しで受講していただくほうが理解と集中が深まりますが、
前半もしくは後半のみの参加も可です。
(初参加の方はなるべく前半から受講してください)

場所は東京都中央区、参加条件等の詳細はメルマガにてご案内しております。


◆今回は、

【基礎】
・一瞬で集中に入るための軸と姿勢
・どこにも居座らない座法
・呼吸の秘伝的ライン
・丹田のポイントと集中の奥義
・対象のない祈り
・内部の目へのシフト

【実践】
・肉体をカタチのまま置いておく
・認識の立体化とニミッタの位置
・物質とイメージの境界線を見る
・エネルギーの発火と自発運動
・3次元球から多次元の脱中心へ

をテーマにワークを行なっていく予定です。
(内容は参加者さんの状況によって変更となる場合があります)


◆ワーク開催にあたっては、以下のコロナウイルス
対策を行います。


・参加者間の十分な距離を確保
・息のあがる運動はしない
・参加者にマスク配布
・入場前の手洗い必須化
・入口での手指のアルコール除菌
・平熱以上の方の入場不可
・ワーク中の身体接触回避


◆直近に開催したワークの様子

⇒ #ワンネス感覚 #エネルギーを通す 【4/30 (土) 東京ワーク ~所感と解説~ その1】

⇒ #尾骨のエネルギー #カルマと気づき 【4/30(土) 東京ワーク ~所感と解説~ その2】

⇒ #重心と浮力感 #覚醒の時限爆弾 #見性前夜 【1/22(土) 東京ワーク ~所感と解説~】



※参加ご希望の方は、拙著「Rubin ~ルビン~ -覚 醒- 認識の転換のために」
をお読みのうえ、まずは以下のフォームからメルマガのご登録をお願いします。


⇒メルマガ登録はこちらから

追って参加条件等の詳細をご連絡いたします。


※参加者一人一人の身体とエネルギーを見ていくため少人数性となっております。
参加希望の方が多い場合は先着順とさせていただく場合がありますことをご了承願います。


※メルマガ登録されている方で万一、ワーク案内メールが届いていない方が
いらっしゃいましたら迷惑メールフォルダをご確認ください。


***************

※ツイッター頻繁につぶやいてます※
@Rubins_work


⇒ Rubin's work 主催 AYA プロフィールはこちら

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ
このエントリーをはてなブックマークに追加
comment (0) @ ワーク

#尾骨のエネルギー #カルマと気づき 【4/30(土) 東京ワーク ~所感と解説~ その2】 

2022/05/01

⇒#ワンネス感覚 #エネルギーを通す 【4/30 (土) 東京ワーク ~所感と解説~ その1】
からの続きです。

4/30(土)ワークのご感想をいただきましたので回答と併せてシェアします。

ワーク
座る人


◆尾骨のエネルギーを上昇させるワークでは、
・ムズムズ感を感じられる時と、感じられない時がある。
・感じられても、上昇させようとすると、消失してしまう。
(「上昇させよう」という意識や、背骨を意識しようとする意識で、
ムズムズ感が感じられなくなってしまう感じ)
という状況でした。


意図的に上昇させようとしたり、がんばって観察しようとすると、観察の意図と肉体意識がブロックとなって
エネルギーはそこで止まってしまうように感じられます。(本当は止まっているわけではないのですが)

ただ、意図を外すといっても背骨の意識がまったく抜けている状態だとエネルギーは「肉体としての」意識が
ブラックボックスになっている部位で曖昧なまま散り散りな方向へ霧散してしまいます。


まず背骨の意識は肉体レベルで明確にしておいたうえで、それ自体をそのまま「置いて」おけるようになると
、本来のエネルギーが自然に上昇しようとするのをただ観察できるようになります。
(「置いておく」感覚については重要なので、次回のワークでやろうと思います)

今回はやりませんでしたが、例えば水を飲むときに口腔~食道~胃へと流れて消えていく感覚(水の場合は
下方向ですが)は、それほどがんばらなくても観察しやすいものです。

私たちは肉体として重力に従って生きているので、肉体内においては上昇するエネルギーより下方へ落ちる
物質に近い感覚のほうが当然わかりやすいからです。

そのためワークでは、意識やエネルギーを見るための導入として、水を飲む感覚をしばしば観察しています。

物質としての水と意識に近いエネルギーとの相対的な差はありますが、本来物質とエネルギーは同じものなので、
同じように観察すればよいのです。
(実際、物質としての水を飲む感覚の観察であっても、最後の最後に消えるときには意識との境界を超えて
いきます←ここが観察ポイント)


また、もう少し感覚がつかめてきたうえで意図と無為自然が一体化すれば「見かけ上」の能動感を伴いながら
エネルギーを上下させる感覚が生まれてくるようになります。

一瞬意図で触れるだけでエネルギーが勝手に動く感覚は、昨日行った頭上のプラーナ(光)を意図で伸ばす
感覚と同じものです。
(ただ、完全に肉体を離れていなければ、意図で触れる感覚には肉体由来の粘性の気感を伴います)


◆対面でのワンネス体験のワークでは、
相手の方の周囲にかなり強い光が見えていました。
以前から人や物体の周りにボヤっといた光が見えることはあったのですが、
これほど強く見えたのは初めてで、目を閉じても人の形の光が見えていたほどです。


○○様はこの辺りの感覚が優位のようですので、ここから様々なことを具体的に理解していくことが
可能だと思います。
(リアル氏の講座deepではリラックス状態で光を見る感覚から深いところへ入っていくので、集中を高める
訓練としてそちらも併用されてみてください)

ただ、光が見えるのは集中の高さやワンネス感覚の証明ではありますが、光自体にはそれほど意味を
見出そうとしないように注意します。

また、物質の周囲に見える光は昨日行った頭上のプラーナのように、あくまでも物質(肉体)の延長にすぎません。

サマーディに入る直前のニミッタ(光をともなうイメージのフラッシュ)は、時空の存在しない場で直接「触れる」ものです。
重要なのは、光が見えているときの自身が消えている状態のほうです。


昨日はやりませんでしたが「内部の目」(ワーク最後にヒーリングの名目で触れた松果体辺りの位置にある認識の座)
が開発されると、物質レベルのプラーナやオーラは簡単に見えるようになりますし、立体的になった認識の内部空間
の中心でニミッタが直接発火するようになります。

「内部の目」は認識転換において非常に重要なポイントなので次回やる予定です。


今は未だやってないので内部の目の感覚を使って説明できないのですが、今後ますます光等が見えるように
なってくると思いますので、その際に光を瞼の「前方方向へ」眼球を押し出しながら見ようと意図せず、松果体
の位置あたりでただ触れているような感覚でいてください。
(このとき、眼球をその場所に「置いておき」松果体の裏あたりから寝落ちする感覚で意図だけ抜くのがポイントです。
これはちょっと難しいのでまた今度やります)


◆私は体をあまり使ってこなかったこと、体の感覚に意識を向けることを
今まであまりしてこなかったことから、上記の尾骨の感覚も含め、
体感が弱いことがウィークポイントと思いました。


肉体を超えるには、肉体を知り肉体そのものとしてカチッとそこに置いておけるようになることがポイントです。

必ずしも肉体感覚の訓練が必要なわけではありませんが、肉体に同化している段階では肉体から入ったほうが
具体的で理解も早いのです。

肉体感覚を磨くにも「ありのままに観察する」意識が重要です。

○○様は先入観を置いておきつつありのままに観察しようという純粋さが資質として備わっていると思いますので、
ポイントをつかむのは早いと思います。


◆最後に質問させていただいた「認識を鋭利にすること、気づきを保つこと」を努力します。

覚醒体験は誰にでも突発的に起こるものですが、人間という形態においては認識の鋭利さだけは訓練が必要です。

気づきのポイントや陥りやすい罠のポイントなど、本当は一瞬一瞬ごとに横について逐一お伝えしたいぐらい微細
なものなのですが、ご本人が熱意をもって気づいていこうというハラが決まれば、どのような状況であっても恩寵に
よって自然と運ばれていくものです。

ただ、一般的に瞑想をつづけても一向に進まないというのは、自分自身のエゴでは気づけない何かに引っかかって
いるのです。(カルマが密接に関わっているところでもあります)

そこに気づくためにワークを利用していただければと思います。


ワーク6
グリコ?


関連記事
⇒ #丹田(存在の座) 【11/7(土) 東京ワーク ~所感と解説~】
⇒ #サードアイと丹光 #ゴーグルと入れ子の夢 【5/21(土) 東京ワーク ~所感と解説~】


※ワーク参加ご希望の方は、メルマガ登録をお願いします。
⇒ ご登録フォームはこちら



⇒ Rubin's work 主催 AYA プロフィールはこちら

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ
このエントリーをはてなブックマークに追加
comment (0) @ ワーク

#ワンネス感覚 #エネルギーを通す 【4/30 (土) 東京ワーク ~所感と解説~ その1】 

2022/05/01

4/30(土)東京にて、3ヶ月ぶりにワーク開催しました。

ワーク2 ワーク4


【エネルギーの通り道をつくる】

今回は、背骨の意識を尾骨から頭頂までつなげエネルギーを通す感覚をつくっていきました。

このエネルギーは、認識の座の癒着が剥がれる最終段階でも利用されます。

ふわふわした尾骨の先端からエネルギーが発生し背骨のキワの架空の管を伝って上に昇って
いくのですが、尾骨の感覚が弱いとムズムズするようなエネルギーが認識できません。


そこで、いくつかの仕掛けによってムズムズ動き出すエネルギーの初動を感じ取っていただきました。

この感覚がつかめてくると、ムズムズが発生すると「ピョコン!」と、思わずカエルのように
上に飛び跳ねたくなってきます。

ここで飛び跳ねてエネルギーを発散させずに、管に沿って垂直に通せばいいわけです。
(人間は通常、このエネルギーを無意識の活動源として水平に発散させている)


実際、このエネルギーは脊椎動物の動力源であり、赤ちゃんがハイハイから立ち上がるまでのプロセス
(赤ちゃんは、このエネルギーに突き動かされ、居ても立っても居られないので勝手に立ち上がっていく)
や、人間の直立から意識界への進化のプロセスに関わっています。


肉体を輪郭でとらえるとエネルギーの管は尾骨から頭頂までですが、頭上に手を伸ばして指先が
触れられる位置までは、「肉体の延長として」進化は続くのです。

逆にいえば、この段階まで進化せずに肉体を離れて意識界へ移行しようとしても、
肉体に引き戻されてしまいます。


今回は、便宜的に気の感覚を使って頭上のプラーナを感じ取りながら、少しずつ意識を
上へ伸ばしていきました。

一人で曖昧なままやっていると感覚がすぐ途切れてしまいますが、プラーナが見える人に
見てもらいながら手の平で気に触れるように伸ばしていくと具体的な感覚を保ちつつ頭上50㎝位
まで意識できるようになります。

ここまでが、肉体としてのエネルギーの通り道です。

ここが通るようになると、背骨の軸を揃えてグラウンディングするだけで瞬時にエネルギーチャージ
できるようになります。

また、座禅では肉体を不動でそこに「置いておく」ためのエネルギー源になります。


勘違いしやすいのですが、このエネルギーはあくまでも生体の構造としての土台であって、
いわゆるクンダリーニ覚醒のようにそれ自体が目的なのではないのです。

エネルギーも管もプラーナも、3次元における肉体構造を「置いておく」ためにシステマチックに
利用されるものです。


足
※エネルギーの管を通すには、グラウンディングが必須。
グラウンディングのためには、足裏の感覚を鋭敏にする。
踵の押し出しとつま先の踏み込み、双方向の力の拮抗によって土踏まずを
浮かせた上で、背骨を積み上げる。
写真は、足裏の筋肉でティッシュを引き寄せ摘まみ上げる練習。


ワーク3
※写真は、足裏と同じ感覚を手の平で再現しているところ。
手の平を床に置き、前方方向へ押し付けながら、指先の末節骨を曲げて逆方向に
引っ張ると、腱に拮抗状態の浮力のような感覚が生まれる。
この拮抗から生まれる浮力は、現象のどこをどのレベルで切り取っても存在する。




【鏡のワークとワンネス感覚】

軸を通して肉体意識を消した状態で鏡を見るワークでは、全員から「うわっ、気持ち悪!ナニコレ?」
との感想をいただきました 笑

自分が消えていると、鏡の中で誰が動いているかわからなくなるんですよ。

参加者さんの後ろから鏡をのぞき込んでた私も、映ってる参加者さんの姿と自分が一体化して
しまって非常に気持ち悪かった 笑


次に、自分を消した状態のまま2人組で向かい合ってお互い鏡を見るように動いてみると、
相手が自分の中で動いているような奇妙な感覚が生まれ、そのまま続けていると一体化した相手
との「不思議なほど懐かしい親密さ」が生まれてくるのを感じた方もいました。

それは、お互いそれぞれ自分が消えているのに、ある意味「自分以上に親密な何か」が
確かにそこに在るという、ゾッとするような不思議な感覚なのです。

これは認識に特化したワンネス体験に近いものですが、同じワンネスでもハートに集中すれば
より愛の感覚が強まり、丹田に集中すればより「自分の中にすべてある」感覚が強まります。

⇒ #尾骨のエネルギー #カルマと気づき 【4/30(土) 東京ワーク ~所感と解説~ その2】へ続きます。


ワーク5
飛ぶ人


関連記事
⇒ #重心と浮力感 #覚醒の時限爆弾 #見性前夜 【1/22(土) 東京ワーク ~所感と解説~】


※ワーク参加ご希望の方は、メルマガ登録をお願いします。
⇒ ご登録フォームはこちら



⇒ Rubin's work 主催 AYA プロフィールはこちら

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ
このエントリーをはてなブックマークに追加
comment (0) @ ワーク

【4/30(土)14:00~17:00 、17:30~20:30「東京ワーク参加募集」】

2022/04/16

*****  Rubin’s work  東京ワーク開催日時のお知らせです。


◆4/30(土) 14:00~17:00 、17:30~20:30
※前半(基礎)と後半(実践)に分けて行います。

通しで受講していただくほうが理解と集中が深まりますが、
前半もしくは後半のみの参加も可です。
(初参加の方はなるべく前半から受講してください)

場所は東京都中央区、参加条件等の詳細はメルマガにてご案内しております。


◆今回は、

【基礎】
・一瞬で集中に入るための軸と姿勢
・どこにも居座らない座法
・呼吸の秘伝的ライン
・丹田のポイントと集中の奥義
・対象のない祈り
・内部の目へのシフト

【実践】
・時空と存在の切先に立つ
・存在の深淵に滑り込むには
・中心の合一から脱中心へ
・エネルギーの最大効率化
・現象の引き戻しと離脱ポイント

をテーマにワークを行なっていく予定です。
(内容は参加者さんの状況によって変更となる場合があります)


◆ワーク開催にあたっては、以下のコロナウイルス
対策を行います。


・参加者間の十分な距離を確保
・息のあがる運動はしない
・参加者にマスク配布
・入場前の手洗い必須化
・入口での手指のアルコール除菌
・平熱以上の方の入場不可
・ワーク中の身体接触回避


◆直近に開催したワークの様子

⇒ #重心と浮力感 #覚醒の時限爆弾 #見性前夜 【1/22(土) 東京ワーク ~所感と解説~】

⇒ 「遠隔透視と無思考状態」 【12/18(土) 東京ワーク ~所感と解説~その1】

⇒ 「内部の目と覚醒の起爆力」 【12/18(土) 東京ワーク ~所感と解説~その2】



※参加ご希望の方は、拙著「Rubin ~ルビン~ -覚 醒- 認識の転換のために」
をお読みのうえ、まずは以下のフォームからメルマガのご登録をお願いします。


⇒メルマガ登録はこちらから

追って参加条件等の詳細をご連絡いたします。


※参加者一人一人の身体とエネルギーを見ていくため少人数性となっております。
参加希望の方が多い場合は先着順とさせていただく場合がありますことをご了承願います。


※メルマガ登録されている方で万一、ワーク案内メールが届いていない方が
いらっしゃいましたら迷惑メールフォルダをご確認ください。


***************

※ツイッター頻繁につぶやいてます※
@Rubins_work


⇒ Rubin's work 主催 AYA プロフィールはこちら

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ
このエントリーをはてなブックマークに追加
comment (0) @ ワーク