fc2ブログ

【12/16(土)18:30~22:00「東京ワーク参加募集」(夜間開催)】  

2023/11/28

*****  Rubin’s work  東京ワーク開催日時のお知らせです。


ワーク1 ワーク2


◆12/16(土) 18:30~22:00
※今回は夜間のみの開催となります。

募集締め切りました。
次回は、東京にて1/20(土)開催予定です。
参加希望の方は、まずはメルマガご登録ください。



場所は東京都中央区、参加条件等の詳細はメルマガにてご案内しております。

⇒ メルマガ登録はこちらから


◆今回は、

【基礎】
・一瞬で集中に入る軸と姿勢
・どこにも居座らない座法
・呼吸の秘伝的ライン
・丹田のポイントと集中の奥義
・対象のない祈り
・内部の目へのシフト

【実践】
・4つのエネルギーライン
・ハートの触覚を開く
・肉体から起きる祈り
・純粋な意志を抽出する
・インテンションの直利用

をテーマにワークを行なっていく予定です。
(内容は参加者さんの状況によって変更となる場合があります)


◆直近に開催したワークの様子

⇒ #肉体と意識、4つのライン 【11/25(土) 東京ワーク ~所感と解説~】

⇒ #ハートのヴァイブレーション増幅術 【10/14(土) 東京ワーク ~所感と解説~】


◆限定ワーク動画

【実録!~「空」として在ること~】


【拮抗するポイントで空に浮くには】



※参加ご希望の方は、拙著 ⇒ 「Rubin ~ルビン~-覚 醒- 認識の転換のために」
をお読みのうえ、まずは以下のフォームからメルマガのご登録をお願いします。


⇒ メルマガ登録はこちらから

追って参加条件等の詳細をご連絡いたします。


※参加者一人一人の身体とエネルギーを見ていくため少人数性となっております。
参加希望の方が多い場合は先着順とさせていただく場合がありますことをご了承願います。


※メルマガ登録されている方で万一、ワーク案内メールが届いていない方が
いらっしゃいましたら迷惑メールフォルダをご確認ください。


ワーク3


***************

r.jpg
⇒ Amazon 販売ページはこちら



※頻繁につぶやいてます※
@Rubins_work


⇒ Rubin's work 主催 AYA プロフィールはこちら

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ
このエントリーをはてなブックマークに追加
comment (0) @ ワーク

#肉体と意識、4つのライン 【11/25(土) 東京ワーク ~所感と解説~】 

2023/11/27

11/25(土)東京にてワーク開催しました。


ワーク2
手の腱で空に浮く人々



【ステップ1】 物理的な拮抗から中心に浮く、基礎的インストラクションの一コマ。
物理的な基礎から具体的なステップを踏み、意識単体で中心に浮くところまで
がワンクールになります。




【ステップ2】 以前公開したこちらの動画のインストラクションが第2ステップ。


今回のワークでは次の第3ステップに進み「中心の断続」の見方を体感していただきました。

これを体得すると、肉体に同化せずにエネルギーの圧と移動を「見る」ことが可能になります。

エネルギーが見えるようになると、肉体の構造が明確になり、肉体そのものをそこに置いておけるようになるのです。


【デフォルト状態の組み換え】

前回(⇒ #ハートのヴァイブレーション増幅術 【10/14(土) 東京ワーク ~所感と解説~】
の応用で身体の4つのラインを意識化していただきました。


まず、唾液を飲み込むときにクッと持ち上がる口蓋のもうひとつ奥を意識します。

そして、鼻から吸った空気を上咽頭付近に向かって水平にぶつけるようにします。


空気をぶつけた箇所の裏側は普段意識することがありませんが、この空間を意識化し、
盆の窪空間を開ける感覚とリンクさせます。

リンクがピタッと決まると、頭蓋骨が内側から立体的に開く感覚と目がパチッと開く感覚がするでしょう。

この状態を、瞑想時のみならず日常からデフォルトにするべく組み替えていただきたいのです。


【自意識の表層と肉体のライン】

上咽頭裏の空間(解剖学的な空間ではなく意識で開けた空間)が意識化できたら、水を飲んでみます。

すると、ふだん無意識に水を飲んだときよりも食道の後ろ側の壁が意識できると思います。

この意識で水を飲み、水の感覚が消えるポイントを探ります。


次に、寝落ちするときの感覚を水が落下するラインとリンクさせて丹田までストンと落とします。

水の感覚は胃の辺りで消えてしまいますが、肉体とイメージの境界を通り抜けて丹田まで落とすようにするのです。


これは身体前面の意識の落下であり、自意識の表面的なレベルしか落とせません。

肉体に近い自意識を、食道・胃・腸を通じて文字通り肉体で飲み込んで落としています。

このように身体前面に意識が偏っていると、瞑想でも肉体で落としきれない自意識が残り続けてしまうのです。


ワーク1


【意識の筒状ライン】

次に、内部の目(松果体の辺り)の裏側を意識し、自意識と癒着しているエネルギーの圧のような塊だけを
先ほどの上咽頭の裏の空間にスルッと落とし込みます。(通常、この箇所が意識化されている人は稀です)

これを、水平に引き込んだ呼気の圧にリンクさせ一緒に落下(解剖学上の呼気の気道とは別)させます。

落下のラインは先の食道より後ろで、ここは解剖学的に道があるわけではなく、実際の呼気は食道より前の
気道を通り肺までしか入りませんが、上咽頭裏の空間が意識化されていれば、自動的に筒状のラインが出現します。

このラインから自意識を落下させると、無意識の気絶が起こらず、気づきをキープしたまま丹田の深いところまで
入ることができます。


【クンダリーニラインとエネルギー移動】

集中が深まり気づきが研ぎ澄まされていれば、この時点で呼吸はほとんど止まったような微細なものになりますが、
ここではあえて呼吸を止めずに肉体意識をキープし、さらに背骨の内側のラインを通るエネルギーを観察します。

背骨の内側のラインは、いわゆるクンダリーニが通る道になりますが、普段から常にエネルギーは上下しています。

前回のワークでも行いましたが、エネルギーの移動を「見ること」と連動させられるようになると、眼球の微動とリンク
させエネルギーを能動的に上下に移動させることが可能になります。

無から能動的にエネルギーを起こすのではなく、尾てい骨から自然発生するエネルギーの上下の流れからある一点
の圧を切り取り、その圧の移動の速度を「見ること」によって能動的に変えられるといったほうが近いかもしれません。
(ただし、座禅中はこのエネルギーを能動的に動かさず、頭頂に抜けていくままにしておきます)


【エネルギーを「見る」】

体の内部のエネルギーの圧は「感じる」のではなく「見る」(正確にいえば「感じている」ことを「見ている」)のです。

例えば、握り拳を目の高さにもってくると拳が目の前に見えますが、目はまっすぐ前を見たまま拳だけ下に下げると
視界から拳の像は消えます。

このとき、拳が視界から消えても拳が見えていたときの目の使い方をそのまま「置いておく」と、拳の中心の感覚は
視界に入っていても消えていても同じように在り続けているのを「見ているもの」に気づきます。
(視界に映る物理的な在る無いといった視覚に囚われ感覚に引っ張られると「見ているもの」は気絶するのです)

このように、見えない内部感覚を「見る」ようにしてください。


【4つのラインを意識化する】

以上を整理すると、身体前面から見て


1.解剖学上の呼気の気道ライン(上下移動) ↑↓

2.上咽頭⇒食道⇒表丹田のライン(下移動)

3.内部の目の裏⇒上咽頭裏の空間⇒裏丹田のライン(下移動)

4.頭頂⇒盆の窪の空間⇒背骨の内側⇒尾てい骨のライン(上下移動) ↑↓

これら4つのラインがあるということになります。


これらの無意識の癒着に気づき、それぞれ同時並列で上下していることを意識化できてはじめて、肉体を
構造のままそこに「置いておける」ようになるのです。


【エネルギーと呼吸法】

ワーク中に参加者さんから「エネルギーラインを見るとき、呼吸法を使わないのですか?」との質問がありました。

クンダリーニに特化した修行体系では、呼吸を使って力技で管を「こじ開ける」ことがありますが、その方法だと

1. 全身のバランスが取れていない場合にエネルギー偏差を起こすことがある

2.「この自分がこじ開ける」という能動感が抜けない

3.肉体の粗いレベルのエネルギーに偏る

といったデメリットがあります。


もちろんエネルギーラインは呼吸と密接に連動しており、それぞれのラインを明確に意識化したうえで呼吸を
使ってパイプをクリーンにしておくことは有効です。

ただし、ワークの基礎段階では呼吸とエネルギーを別々にインストラクションしています。

肉体と意識が同化したレベルで4つのラインのそれぞれのベクトルが不明瞭なまま同時並列で意識化しよう
とすると混乱するからです。


そのためワークでは準備段階として、呼吸のライン・各ラインのエネルギーのベクトル(ラインごとに上下別々
に使う場合もあり)・全身の拮抗バランスを分解してお伝えしますが、あくまでもこれは肉体レベルの前準備です。

というのも、瞑想でエネルギーラインが本領を発揮するのは、呼吸がほとんど止まっているレベルの集中状態
(本当は止まっていませんが、肉体意識から見ると微細すぎて止まって見えているのです。ワークでは肉体と
イメージの境界でこのレベルの呼気がどこをどのように通るかを具体的にお伝えしています。それは「第三の気道」
とでもいうべきものです)において、前準備でクリーンになった各ラインのパイプを構造のままそこに「置いておける」
段階においてなのです。

⇒ 「第三の気道」ナビゲーションワーク参照記事 
(参照: 呼吸の先をたどって存在の奥のもうひとつ下に潜る / 物質と肉体の境界を観察してひとつ先を見る
/ スキャン&ダイブで肉体の限界点を突破する)



また、この段階においては過剰に強いエネルギーは必要ありません。

むしろ、集中が高まれば高まるほどエネルギーは微細になり、逆に微細であればあるほど明確なのです。

この段階においては、エネルギーはその人にとって必要な分だけが流れます。

すなわち、力技で覚醒しようとしても必要でなければエネルギーは供給されないのです。

「この私」はがっかりしたとしても、それは本当の意味での「信頼」の証しであり、ありがたいシステムだと
受け入れてください。

逆に、この信頼が受容できたときにエネルギーが供給されるのですから!


強いエネルギーは、肉体という型と生体を起立させておくために必要なのであり、クンダリーニが尾てい骨
から頭頂を抜けていくことは「肉体機能の目覚め(進化)」であって、突発的に昇ることがあったとしても
覚醒そのものではないということです。

ただし、認識の座の転化に特化した瞑想においては、クンダリーニレベルの垂直のエネルギーが自動的に
「水平方向」へ引き込まれ、認識反転の動力として転用されます。


このとき、パイプをクリーンにしていないとガガガガガッとジグザグに高圧がかかる感覚が起こるでしょう。

また、ラインが意識化されていないとエネルギーが昇ってきても頚椎の歪みで引っ掛かることがほとんどです。

ワークでは頚椎から頭蓋骨内部のラインの通し方をお伝えします。


カーテンフック

【肉体と意識 ・ 6つのアジャスターモデル】


プラスチックのカーテンフックを手元に用意しましょう。

ギザギザに沿ってスライドさせていくと、カチカチと鳴りながらギザギザの山を一つずつ移動していきます。


1. 上方向へスライドさせ、カチッと音がする「直前」で止めると、上方向へ圧がかかったまま次の山の手前で
引っ掛かった状態になります。これが「肉体と同化した状態」です。

2. カチッとカチッの間で僅かに動く遊びのある状態が「幽体離脱」あるいは「自発動運動」が発動する状態です。

3. 遊びの状態から下方向へスライドさせ(上方向へしかスライドできない仕組みのため)山の上部で引っ掛かって
止まる状態が「瞑想時に体が動かなくなる現象の状態」です。

4. カチッと鳴る「音」の瞬間は、肉体と意識が一致した「ワンネスの状態」です。

5. 上記1234のそれぞれの瞬間に気づいているのがヴィパッサナーです。

6. 上記12345のそれぞれの瞬間の中心に成っているのが禅です。


あくまでもモデルとはいえ、それぞれを明確に体験したことがある方には見ただけで直接触れてくる感触があることでしょう。


ワーク3
ワーク前、謎のストレッチ


関連記事
⇒ #ハートのヴァイブレーション増幅術 【10/14(土) 東京ワーク ~所感と解説~】
⇒ #ハラの見性体験 #純粋な意志 【2/24(土) 東京ワーク ~所感と解説~】


※ワーク参加ご希望の方は、メルマガ登録をお願いします。(参加条件あり)
⇒ ご登録フォームはこちら



⇒ Rubin's work 主催 AYA プロフィールはこちら

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ
このエントリーをはてなブックマークに追加
comment (0) @ ワーク

【#空海とルーミー #念写 #ゲノム編集  覚醒からのつぶやき 112】  

2023/11/15

柿之絵図
「時空転生柿之絵図」


◆パラレルを俯瞰で見た瞬間、それはパラレルでなくなる。

◆自己同一性の自認を記憶に頼るから肉体が固形化するのです。

◆肉と肉を肉の記憶でつなぐと「肉圧」が肉を肉団子にする。

◆意識の圧と方向と連鎖を極限まで観察すること。

◆観察しながら観察を考察している者に気づく。


ブルーホワイト


◆映像を見ながら映像を反芻している刹那の無意識に気づく。

◆記憶を取り出す瞬間の、一瞬空白になる気絶に気づく。

◆一瞬の空白を「この私」という同一性に取り込まない。

◆覚醒とは原始的生理機能への回帰ではない。

◆私的に「ゲノム=自分」という感覚が皆無なので「ゲノムデータは個人情報か否か」
という議論に興味が持てないが、優性思想や差別が起こり得る「個ありきの野蛮な世界」
においては、とりあえず個人情報と見なしておいたほうが無難とはいえるだろう。

◆ゲノム編集で理想的な生体だけを創っても、
理想的な世界が出来上がるわけではない。
ヒトの理想が「理」「想」であるかぎり。


↑ 話題の「ぼーっとする大会」
見る限り、全員ぼーっとしたときに不幸そうな顏になっている。
ぼーっとしたときに、その人のストレス度合いが如実に出るね。
脳を休めたときの無意識の第一次反応がこの顔だということだ。
ストレスがなければ、ぼーっとしてもこういう顔にはならない。

◆↓ ちなみに、先週ちょうどこの場所行ったけど、ここはぼーっと
出来るような磁場じゃないのよ。
そりゃ、病院で強制的にぼーっとさせられたような顔にもなるわね。

虎ノ門1 虎ノ門2

◆ラーマクリシュナが優勝。
「ぼーっ」は、これです。↓

ラーマクリシュナが


◆表面だけを脱力すると、内面の虚無がダダ漏れになるのです。

◆ボーッとしていること自体は「明瞭に」ボーッとしているのです。
「ボーッ」に流されている「この私」が不明瞭なだけであって。

◆「わかってる人」に「わかってる」と言ってもらいたくて
「わかってる人」を仕立て上げる。

◆就寝時に受動的に見る夢は肉体疲労を軽減させるが、
明晰夢で能動的に見る(動かす)夢は肉体を消耗させる。
現実世界も、これと同じことなんですよ。
やっている自分がいると消耗するのです。

◆ある意味、夢を現実のように「配列」するのがカルマの物理的側面。
(カルマ自体は物理以前にあります)
「現実」と呼ぶものは、その人にとっての「配列」なのです。


カボチャ


◆リニア思考は、記憶が改ざんされる。

◆フラッシュメモリをノンリニアで浮かせておくこと。

◆あるがままの最終指南
「飛んでみな、飛ぶぞ」

◆肉体との同化が想像力を有限に留めている。
有限の果てを探しても無限は見つからない。
有限の果てですら想像力が及ばないからだ。
想像力の及ばないことを無限と呼んでいる。

◆働かないと鬱になる人は、仕事のない次元に生まれ変わる布石が脆弱。


↑ 【ヘビの動きと「目」の位相】
① 二次元で不動⇒肉眼(眼圧高)
② 不規則に動く⇒肉眼と酩酊の間
③ 規則的に動く⇒酩酊(眼圧低)サマタ
④ 断続的に動く⇒肉眼のヴィパッサナー
⑤ 三次元で不動⇒内部の目の自律
①と⑤を混同しない。
②を「現実」と呼ぶ。
③と④は覚醒でない。
⑤は悟りではない。

◆肉眼の癒着したヴィジョンは、生まれる瞬間がブラックボックスのまま。

◆夢現の境界で「錯視」されたヴィジョン(ニミッタ)の動きを止めず、
座標を固定したまま内部の目の裏側を意図的に閉じ、明晰夢的に肉体感覚
をスライドして座標に一致させ、肉体の目だけを開けばあら不思議、その
ヴィジョンの世界に入ってしまってるんですよ!

◆アタマの出産
ムネの出産
ハラの出産

◆私たちはどこからでも生まれてくるが、
肉体の出産というメタファーは重力と落下を要する。

◆頭の経験値
胸の経験値
肚の経験値

◆全ての可能性を経験したい私たちは、想像力の及ばない
ブラックボックスをカルマガチャに一任してしまう。
(ガチャに見えるのは人間側からだけ)
自ら気絶して一任したのに、ガチャに文句を言っている。


ダーラヘスト
花とダーラヘスト。


◆肉体は、意識が創る。
全パーツを100%意識できればその通りの姿形で生まれるだろうが、
一分の隙なく意識化できる人間など存在しない。
逆に、100%意識化できるようになったなら、姿形を選ぼうなどと
思わなくなるだろう。

◆この肉体は、この私ではないわたしが100%意識した結果。

◆この自分で選べないからこそ、選ばれているということです。

◆「多次元人」という存在を仮定するならば、ひとつの視点でひとつの
次元を選択しないからこそ多次元が同時に選択され得るということなのです。
次元が上がれば思い通りに選択可能になるというのは3次元的エゴの妄想であって、
逆に次元が上がるほどに個の選択は不可となり可能性は無限となるのです。

◆この「多次元人」の選択なき選択の意識は、3次元人から見れば「無我」
に近いように感じられますが、可能性を可能性のままに置いておく意志もまた、
すでに能動的な計らいなのです。

◆3次元人においては「選択=視点の固定」となり「視点の固定=個我の苦の発生」
となります。
「多次元人」においては視点の固定がないため、個我の苦からは自由といえますが、
それだけでは悟りではないということです。

◆ひとつのベクトルが選択されるときの気絶と、すべてのベクトルが選択されるとき
の気絶、その違いを明確に観ること。


ディスバット


◆「一方位瞬間定」の気絶から「全方位瞬間定」の直観へ。

◆無私に走ると、無我を無視するようになる。

◆思考はひとつにならない。
一つに統べようと目論む。

◆七宝・香積・天音・軟酥・甘露の恍惚の相対を見切っていくと、
別次元の共感覚が育ってくる。


◆20年前トルコのコンヤを訪れたが、ルーミー霊廟の波動は非常に微細
で霞に包まれているようだった。
日本で似たエネルギーを感じたのは、空海が所持していたとされる秘宝
の金念珠の実物を見たときだ。
念珠には、空海が今なお座禅を続けているといわれる高野山奥の院の波動
とは別種の霊妙さがあった。

◆空海と金といえば...ムニャムニャ…おっと、誰か来たようだ。

◆パワースポットの波動は均一ではないね。
かならず波動の低い磁場が点在している。
だからこそ「パワー」スポットなんだよ。

◆磁場の奥に潜む禁忌スポットは、微かに風邪の引き始めのような感覚があるもの。
エネルギーの一律的なうねりに飲み込まれず、気づきを研ぎ澄ませて察知しよう。
共感覚的に表現するならば「冷たい青カビ」のような色と温度と臭いがあるのだ。

◆人臭や人欲に侵されたパワースポットは、さらに臭いと欲のパワーを呼び寄せる。

◆聖地と呼ばれる場所をいろいろ見てきたけど、
完全にフラットな聖地って見たことないね。
陰影がないと人は畏れとしての「神聖さ」を読み取れないから。

◆「完全なフラットさ」は知覚できないけど、誰もが直接知っているものなんだよ。


モリゾー


◆「有頂天」に忍び込む色を識別する。

◆相対を知らなければ相対を無化できない。
相対の世で五感を磨き相対を見切るのだ。

◆臭い人が臭い世に気づけないのは、臭い世界で鼻が麻痺してしまったから。
まずは麻痺に気づき、相対を見切るツールとして好悪の感覚を正常化する。
ただし、好悪感覚を維持したままだと微細な波動は見切れなくなってくる。

◆自覚的に相対を学んだら、相対を等価に見ていくフェーズに移行する。
等価から外れる瞬間を見切る時、相対を学んだ感覚が生きてくるのだ。


爪の山 筑波山
『筑波山を念写する人』 #地味ハロウィン


◆均一なリズムに気絶しない。
均一であってはいけないということではない。
インパクトとインパクトの間を無自覚に「待たない」ようにするのだ。
心身一如において気づきが極まると、リズムに乗りつつインパクトの
瞬間に鮮烈に在ることが可能になる。

◆試しに、一定のリズム(心拍のBPM推奨)で手を叩き続けてみよう。
体の惰性に任せていると、音と動きに酔ってくるだろう。
その状態から意図的に手を止めてみると、意図と動きと意識がバラバラ
になるような瞬間と、次の一手を「待ってしまっている」感覚の惰性が
見切れるようになる。

◆この惰性が、リズムへの無自覚な気絶なのだ。
この感覚を見切れるようになれば、リズムを能動的に続けようが止めようが、
受動的に続けようが止めようが、気づきは鮮烈なままあるようになる。

◆意図的な修行は能動的に「止める」刹那を意識のショックとして利用、
次の位相に移行させる。
心地よいリズムに浸っていては、そのリズムを心地よいと感じる位相に
しかいられないからね。

◆感覚を世界の文法に組み込もうとすると取り逃がすものが出てくる。
そのことを知るには文法から攻略していく手もあるが、それだけで
一生を費やすことになる。
それを承知で自覚的に生まれてくる人たちには頭の下がる想いだ。


小坊主
「DALL-E 3」作『坐禅中に居眠りする小坊主』


◆「見る闇」と「触れる闇」と「在る闇」の違いを知る。

◆「肉体の目の闇」と「内部の目の闇」と「存在の目の闇」の深度の違いを知る。

◆人為的に創った漆黒の闇に置かれたとき、肉体の目の闇と内部の目の闇は
「ほぼ」一致するように感じられるが深度が異なる。
この深度に、五感を超えた新たな共感覚で触れるのだ。

◆存在の始原は「暗闇」ではない。

◆熟睡しているときの闇は暗く(黒く)ないという事実を、
直観的に反芻してみてほしい。

◆生は♫ 死は♪ 今を切り裂くリズムになろう。

◆思考は♪♪を♬♬にする。
伝われ~~


ピンクッション
『ピンクッション』という名の花


◆意識にぶら下がる肉体
意識に引っ掛かる肉体
意識を通り抜ける肉体

◆頭を張った演技
頭当たりの演技

◆慈悲で引っ張り上げることと、慈悲で引っ張り上げられることは
「この私」という一点において貫通している。

◆果てしない螺旋構造を縦に昇っていこうとするから気が遠くなるのであって、
横の隙間からちょっと飛び出して蚊取り線香みたいにぺちゃんこにして渦の中心
に消えちゃえばいいんですよ。

◆ぺちゃんこの蚊取り線香(今風にいえばディスク)までは直観できても、
直観した円盤を俯瞰でイメージしちゃうと3次元の元の木阿弥なのよ。
時空に円盤を浮かべるなってこと。


グラジオラス
グラジオラスの花言葉は「記憶」「忘却」。
剣のような花姿から「戦争の記憶の忘却」の願いが込められたという。



蔦 紅葉72
「楓蔦黄(もみじつたきばむ)」
もみじはまだまだ、これから。
#七十二候



関連記事
⇒ 【#神の至福と悪魔の快楽 #ニヒリズム 覚醒からのつぶやき 61】


※ワーク参加ご希望の方は、メルマガ登録をお願いします。
⇒ ご登録フォームはこちら



⇒ Rubin's work 主催 AYA プロフィールはこちら

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ
このエントリーをはてなブックマークに追加
comment (0) @ つぶやき

【11/25(土)18:30~22:00「東京ワーク参加募集」(夜間開催)】     

2023/11/04

*****  Rubin’s work  東京ワーク開催日時のお知らせです。

ワーク7777 ワーク8888


◆11/25(土) 18:30~22:00
※今回は夜間のみの開催となります。

募集締め切りました。次回は、東京にて12/16(土)開催予定です。
参加希望の方は、まずはメルマガご登録ください。(参加条件あり)


場所は東京都中央区、参加条件等の詳細はメルマガにてご案内しております。

⇒ メルマガ登録はこちらから


◆今回は、

【基礎】
・一瞬で集中に入る軸と姿勢
・どこにも居座らない座法
・呼吸の秘伝的ライン
・丹田のポイントと集中の奥義
・対象のない祈り
・内部の目へのシフト

【実践】
・内部の目と事象の消失点
・線形と非線形の中心
・イメージのズレを落とす
・3つの視点の気づきとシフト
・無限後退のパラドックス脱出

をテーマにワークを行なっていく予定です。
(内容は参加者さんの状況によって変更となる場合があります)


◆直近に開催したワークの様子

⇒ #ハートのヴァイブレーション増幅術 【10/14(土) 東京ワーク ~所感と解説~】

⇒ #輪廻はあるのか #私と世界の存続 【9/17(日) 東京ワーク ~所感と解説~】


↓ 限定公開ワーク動画 【実録!~「空」として在ること~】



※参加ご希望の方は、拙著 ⇒ 「Rubin ~ルビン~-覚 醒- 認識の転換のために」
をお読みのうえ、まずは以下のフォームからメルマガのご登録をお願いします。


⇒ メルマガ登録はこちらから

追って参加条件等の詳細をご連絡いたします。


※参加者一人一人の身体とエネルギーを見ていくため少人数性となっております。
参加希望の方が多い場合は先着順とさせていただく場合がありますことをご了承願います。


※メルマガ登録されている方で万一、ワーク案内メールが届いていない方が
いらっしゃいましたら迷惑メールフォルダをご確認ください。


ワーク 姿見


***************

r.jpg
⇒ Amazon 販売ページはこちら



※頻繁につぶやいてます※
@Rubins_work


⇒ Rubin's work 主催 AYA プロフィールはこちら

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ
このエントリーをはてなブックマークに追加
comment (0) @ ワーク