FC2ブログ

【「死と想念」「チャクラ」「丹田と殺気」 覚醒からのつぶやき 33】    

2021/04/01

つぶやきをランダムにまとめました。

水仙3


◆斜に構え続けると、
ナナメを真っすぐと錯覚し始める。

◆肉体意識は、存在の爆発に放心しないための、
鈍感力。

◆「余の辞書に文字はない」

◆夢の中で夢を見ている、酔っ払いの悲哀。

◆「どうせ死んだら解るから」といって放逸している人は
「生まれたら解るから」といって生まれて来ちゃったことを
忘れている。

◆人は、死んでも想念に隷属する。

◆押すことは、引くこと。

◆全ての現象は、例外なく均衡に在る。

◆不均衡は不均衡として均衡に在る。

◆ひとつの均衡に留まろうとする者に、
見かけ上の不均衡が顕れる。

◆「この私」とは、均衡から「心理的に」
はみ出し続ける現象である。

◆いかなる心理にも感情にも思考にも、
それ自体に不均衡はない。

◆人間は、全体の均衡ではなく、
定点の調和を志向する。

◆中心を見ようとすれば、中心はズレる。
このズレが、時空をスライドさせる。

◆中心も球も3次元の概念。

◆中心と球は、同時に自ずから立ち顕れる。

◆時空内での中心との一致は、永遠に叶わない。

◆留まろうとすることと、動き続けよう
とすることの拮抗のエネルギーの放出として、
3次元の回転運動が起こる。

◆物理と心理に差はない。

◆物体と人間の違いは、意図を動かすか
動かさないかの違いだけ。
物体も、実は意図なのです。

◆この世界は、たった一つの意図から
始まってしまった、壮大な辻褄合わせです。

◆意図を自覚した私たちの「居心地の悪さ」
が、世界を転がし続ける。

◆ワークで丹田の使い方をお伝えするのに、
2人組になって1人に座布団を持ってもらい、
もう1人に「殺るつもりで」蹴ってもらいました。
女性が来ないはずだわ 笑
でもこれ、超重要ポイントなんだけどな〜

◆「殺るか殺られるか」なんて仏教徒が卒倒しそうだけど、
座禅は生存本能レベルの莫大なパワーを要するから。
そこから意味を落として、エネルギー単体で自動的に供給させる。
これは気合や根性の話ではないのだ。
ここがカチッと発動しないと始まらない。

◆肉体に同化しているとエネルギーを単体で使えない。
たいていの人は、ヨガで言うなら各チャクラに対応する
実用的な意味から入ったほうが理解しやすい。
ただし、チャクラオタクにならないように。

◆意図の中心は何もない。

◆「そのままでいいんだよ」じゃなくて
「そのままでしかありえないんだよ」

◆「そのままでいいんだよ」の、
心理的な慰みを突き抜けよう。

◆閉じてる人を見ると
「手突っ込んで奥歯ガタガタ言わすぞ!」ならぬ
「意識突っ込んで魂ガタガタ言わすぞ!」という
恐ろしい衝動が、微かに発動する 笑
安心してください、人の皮は履いてますから。

◆生命力の春は、殺気立つね 笑

◆下位チャクラが活性化してるときは天変地異
が起こりやすいので気をつけよう。
人間としては不謹慎だけど、命としては深いところ
で悦んでるんだよね...

◆「自分」は、未だ発見されないUMAです。

◆人間は、目撃されたスモールフッド。

◆見えてるから存在するって、なんで信じられるの?
見えてないから存在しないって、なんで信じられるの?

◆一瞬前の自分とこの瞬間の自分を記憶で繋ぐのは、
ストーリー的には効率がいいけど、
エネルギー的には非効率すぎる。

◆記憶の外付けハードディスクが世界を重くする。

◆ストーリーを読むだけなら肉体も必要ないけど、
寿命をすり減らしてでもやっぱり自分で演じたかったんだな。

◆漫画のような世界を憂う前に、
私たち自身の創造力をアップデートしよう。

◆アタマのスイッチを切り替えて、
ハラで起きよう。

◆生死は、認識のローカルルール。

◆原始的なスイッチのオンオフを、
なぜそんなにまで信じているのか。

◆その人が今にあるかどうかという視点だけで
見るとき、応える気が起こる質問と、
まったく起こらない質問がある。
冷たく見える返答も、悪気はないんです。

◆生死がかかると本気になるプログラム。
バレちゃったら、そのコマンドはもう使えないね。
だからといって、思考で生死を軽んじるのは、
生体として得策じゃないよ。

◆準備に準備を重ねて、
準備し終わったら退屈している。
これが生の元凶。

◆「それ」を思い出させるには、
この認識は素朴すぎる。

◆此処は「物理っぽい」世界。

◆物理には、未知のポエムが忍び込む。

◆やるべきことは一つもないのに活力に満ち溢れている、
幸せな馬鹿になろう。

◆全ての優先順位が抜け落ちると、
何をどこから始めてもいいし、
何も始めなくてもよくなる。
順番を司る脳の焦燥から解放されるのだ。

◆誰かが起きれば、誰かが眠る。
全員が同時に起きないようにバランスをとってる。
世界存続という集団催眠の宿命。

◆起床の点呼を個別にとってると、
先に起きた人も待ちくたびれて居眠りしてしまう。

◆自己同一性は、一瞬前の記憶の捏造。

◆現象創造のフラッシュが眩しすぎて毎瞬、
気絶している。
気絶は、この世界の目を守るための防衛反応。

◆人間って、思考はアタマに隠して
バレてないと思ってるんだね。
怖い怖い。

◆想念のレイヤーは「隠したいもの」
の波形によって割り振られる。

◆舌打ちと溜め息は環境汚染のみならず、
自身に呪いをかけるのでやめた方がいいよ。

◆人を恨み続けるのは、人が一瞬にして
変わりうる可能性を否定しているから。
それは、自分自身の変化の可能性も否定してしまう。

◆「人の目を気にするな」という以前に、
自分の目に24時間がんじがらめになっている。

◆全ての事象はタイミングどおりに起こるので、
良いタイミングも悪いタイミングもない。

◆エゴ感覚が強い人は、
輪廻を頑なに否定するタイプと、
盲信的に肯定するタイプに分かれるね。

◆自分自身をも蝕むプライドって、誰得なの?

◆植物は人間にとって癒しになるけども、
植物自身は癒しの存在というわけではない。
隙あらば繁殖し、自身を拡大していこうとする。
だが、諸条件により生存競争に負けても、
決して文句は言わない。
その点が、人間と違って清々しい。


関連記事 ⇒【「生殖とタブー」「直接知覚」「宇宙の公理」 覚醒からのつぶやき 15】


※ワーク参加ご希望の方は、メルマガ登録をお願いします。
⇒ ご登録フォームはこちら



⇒ Rubin's work 主催 AYA プロフィールはこちら

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ
このエントリーをはてなブックマークに追加
comment (0) @ つぶやき
「壁抜けの術」 【3/28(日) 東京ワーク ~所感と解説~】      | 【「スピリチュアル用語」「アセンション」「自由意志」 覚醒からのつぶやき 32】   

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する