FC2ブログ

【「タントラとマザー」「偶像と幾何学」「セクシャリティ」 覚醒からのつぶやき 40】   

2021/05/11

つぶやきをランダムにまとめました。

カーネーション2
母の日に


◆否定は自己肯定への渇望。

◆人類は産道に引っかかっている。

◆肉体を纏おうか纏うまいか、
迷いながら窒息している。

◆無意識に纏ったその肉体は、
口のうまい販売員に断る間もなく着せられた、
タンスの肥やしのようなもの。

◆産みの苦しみは、肉体の幻想です。

◆産道は、記憶忘却装置。

◆自ら産道を通ってくるが、
存在とは本来、唐突に出現するもの。

◆塊に圧縮するために、産道という
アイディアを選択しているだけ。

◆産道は、母への畏敬の念を強制的に刻印する。

◆産道を持たない母も在る。

◆↑これ、タントラ的にタブーかなと一瞬躊躇
したけど、マザーは最高潮に悦んでました。

◆タントラのマザーは、子のレベルに応じて
褒めたり叱ったりするので、褒められたから
といって絶対的真理とは限らないんだけどね。

◆だからこそ、マザーについてあまり
話しすぎると怒られるんだよなあ。
その人にはその人のタイミングがあるから。

◆マザーは、私たちの想像の及ばないほど
ブッ飛んだ存在なのだ。
マザーの目を盗むことは不可能。

◆母の慈愛を、肉体に還元しない。

◆父と母を、肉体から解放する。

◆父と母は、私の肉体が産んでいるのだ。

◆生と死は、尊厳を強要する。

◆苦と快楽はワンセット。
苦から快楽を解放し、快楽から苦を解放する。

◆苦から解放する道と、快楽から解放する道があるが、
それぞれがそれぞれに気絶してしまっている。

◆エネルギー的な相性の良し悪しを、
カタチのせいにしない。

◆自己暗示が下手な人ほど、覚醒に近い。
世界は壮大な自己暗示だから。

◆「グローバルヴィレッジ」
訳して「村世界」

◆認識の村宇宙に閉じこもっている。

◆「わからない」と嘆く前に、
わかるためのスペースを開ける。

◆世界に興味を持つと、世界は悦ぶ。
それが、世界存続の原動力だから。
是非はともかく、事実としての話。

◆セクシャリティと無意識に連動した
世界観に気づこう。

◆世界を両性的に扱っても、中性的に扱っても、
無性的に扱っても、二元性は超えられない。

◆この世界は、未だ女性的に扱うことで
恩寵が得られるマトリックス。
これまで育んでもらったことに感謝を示した
うえで、二元性のタブーと呪縛を解く。

◆タントリックな創造の領域を切り捨てて解脱
を目指しても、必ず足止めを食らうことになる。

◆タントラは二元性の原理だから、
エソテリックなこういう話のほうが
スッと入っていく人も多いのかも。
実際、わかりやすい恩寵が来るし。

◆対象のない祈りっていうのは、
二元性を否定も肯定もせず、
根源的に包括しているんだよね。

◆この心身をもって、心身になるんだから、
当たり前といえば当たり前。
これ以上にシンプルな道はないね。

◆偶像をバカにする人も、
幾何学や数学は信じていたりする。
どちらも同じカタチの魔術なんだけどねえ。

◆偶像でも幾何学でも数学でも物理でも、
カタチの象徴だけ利用して、
核心部分は気絶している。
逆にいえば、あえて気絶できる余白を残して、
神秘を穢さないようにしているんだ。

◆世界の動きに連動して一喜一憂するのは、
野生動物的な感覚であって、
ワンネスではないね。

◆『BEASTARS』じゃないけど、
人間も原始脳を搭載している限り、
ある程度の規範は必要だよね。
突発的な覚醒体験で原始脳が垂れ流し
になってしまう人がいるけど、
解放するのはそこじゃないんだ。

◆死に際に沸き起こる一世一代の念を、
毎瞬の死においても捧げよう。

◆枠と本体がズレているとき、
枠と本体が認識される。
枠と本体がズレていないとき、
枠も本体も認識されない。
本来、枠は存在しないが、
枠の設定を外すには、
まず枠とのズレに気づく。

◆身体も想念も、そこにただ置いて
おけばよいだけだが、「身体の置き方」
と「想念の置き方」のテンションは異なる。

◆自己と世界のテンションのズレが、
素材の質量を分化させる。

◆中心に目を浮かせる。

◆存在に、垂直に触れる。

◆死んだらチャラ?
とんでもない!
生きないとチャラにならない!!

◆チャラにするために産まれたのに、
新たにカルマを創って死んでいく。

◆現象だけを見てチャラにしようと
してもキリがないよ。
構造的にチャラにしないと。


関連記事 ⇒【「天国と地獄」「相対性」「進化の過程」 覚醒からのつぶやき 8】


※ワーク参加ご希望の方は、メルマガ登録をお願いします。
⇒ ご登録フォームはこちら



⇒ Rubin's work 主催 AYA プロフィールはこちら


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ
このエントリーをはてなブックマークに追加
comment (0) @ つぶやき
【「生と死」「二極化?」「中心とは」 覚醒からのつぶやき 41】     | 【「カルマの昇華」「輪廻は惰性?」「メタファー」 覚醒からのつぶやき 39】    

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する