FC2ブログ

【「印可証明」「観照者」「アバター」 覚醒からのつぶやき 55】      

2021/08/17

つぶやきをランダムにまとめました。

ひまわり2


◆拈じてから笑うべからず。

◆↑コレで笑えた方に、印可証明を発行致します。
※発行手数料として、5,000万円頂戴します。

◆認可制の悟りは狂気の沙汰。

◆「本気」は、洒落では発動しない。

◆「命をかける」ことと「「10円をかける」ことが
等価である時、10円は命になるのです。

◆「答えを先に見るなって言ったでしょ?」
これ、ほんとに笑えないんだよね。
いったんゲームをリセットするしかないから。

◆ゲームにハマった2.5次元脳は、貞子みたいに
モニターから脱出しようとする。

◆ありふれた失敗より、見たことのない失敗をしよう。
誰も見たことがなければ、それは失敗じゃないから。

◆発声経路に触れる前の名前に気づく。

◆名は運動。

◆神に秘はない。

◆「神秘」の99%は「人秘」

◆タイミングは、共同作業。

◆「あなたは生きている」という催眠術を
解かれても尚、残っているものが生である。

◆感傷者から観賞者へ
観賞者から観照者へ
観照者から歓笑者へ

◆「利便性」には、神と悪魔が宿る。

◆茄子と胡瓜ってむしろ、
生者のための乗り物だよね。
あっちはいつもこっちにいるけど、
こっちはあっちに行かなくちゃいけない。

◆人の矛盾を咎めると、自分の矛盾に呪われる。

◆矛盾のない世界では、
芸術家・哲学者・宗教家は存在しない。
それを「つまらない」と思う人も、存在しない。

◆直観を何かに役立てようとする魂胆は、
さもしい。

◆「後ろ向きに歩いても、時間は経過する」
この事実を、体で反芻してみてほしい。

◆「アタマから動く」「ムネから動く」「ハラから動く」
それぞれの動きからズレたものが、
肉体という「厚み」である。

◆肉体のカタチを「同時に」認識できたら、
肉体は消える。

◆「思い通りの世界」が桃源郷?
「思い」が地獄かもしれないのに?

◆「心が通じ合った地獄」というものもある。

◆すでに「この世界」として通じ合っているから、
こういう世界が成立しているんだよ。

◆わたしが「読み取ったもの」を、私に「読み聞かせる」
ために、時空が必要だったのです。

◆鼓動には、表拍も裏拍もない。

◆「中の人などいない!」「外の人などいない!」

◆信念にプライドを持たない。

◆「意」は見ても、「主」を張らない。

◆経典を読んでいる最中に悟った者はいない。

◆数学者であっても、体を観察するとき
「点に面積はない」という事実を忘れてしまう。

◆垂直飛びしながら、落下するリンゴを見る。
逆立ちしながら、浮上するゴンリを見る。

◆今この瞬間、地球の自転と公転と銀河系の
中心の方向を指させますか?

◆体軸から上下感覚を抜くと、
全方向まんべんなく「わたし」になる。

◆重力からの解放は
「上へ飛ぶこと」だけではないよ。

◆惑星は、わたしたちが「浮かせている」。

◆「あ~、どこか遠くへ行きたいな~!」
そのとき私は、わたしから何億光年も遠くへ行っている。

◆思考が頭蓋骨と喉に触れる瞬間を見切る。

◆肉体化されなかった思考は、
認識されずに通り過ぎる。

◆「いま、背中のことお忘れでしたね?」

◆世界を読んでたら遅いんですよ。

◆「今すぐトイレ行きたいけど、立ち上がるの面倒くさい」
その内的拮抗も、ひとつの天地創造なのです。

◆日常動作すべての「動き始め」を観察してみよう。
そこには「意志」の摩擦と拮抗があるから。

◆無と有は、確定される前に過ぎ去っていく。

◆矛盾を包括するためには、
時空を歪ませる必要があった。

◆いい加減、創造の内的拮抗を
「戦い」に置き換えなくてもよくない?

◆荒唐無稽な物語も、すべて想像の範囲内。

◆「理解不能な概念」は存在し得ない。

◆物語や概念は無限に生まれるが、
新しい構造はひとつも生まれていない。

◆100%デジタル化した仮想世界は、
新たな「隠し場所」を創造するだろう。
それが、今のこの物質世界かもしれないよ?

◆想念こそ、デジタルタトゥー化する。
これ、ほんとに冗談じゃないからね。

◆各自、何体かのアバターを持つ時代になる。
アバターが時空を超えても「本体」の次元はそのまま。
このとき「本体」は幸せなのでしょうか。

◆アバターメインの世界になっても、しばらくは
「本体」の顔を見たいという欲求はなくならないだろうね。
この欲求が消えた時、ひとつの仮想世界が完成するけど
「アバターの神」だったはずの取り残された「本体」
は成仏できるの?


関連記事 ⇒ 【「AIと覚醒」「中道とは」「マトリックス」 覚醒からのつぶやき 46】


※ワーク参加ご希望の方は、メルマガ登録をお願いします。
⇒ ご登録フォームはこちら



⇒ Rubin's work 主催 AYA プロフィールはこちら

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ
このエントリーをはてなブックマークに追加
comment (0) @ つぶやき
【「私は何者か」「神の口調」「地獄と死」 覚醒からのつぶやき 56】     | 【「ソウルメイト」「コールドリーディング」「慈悲」 覚醒からのつぶやき 54】       

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する