fc2ブログ

#カシナ瞑想 #疑似金縛り 【1/20(土) 東京ワーク ~所感と解説~】  

2024/01/21

1/20(土)東京にてワーク開催しました。


【内部の目と奥行き】

シール

内部の目のワークで使っている直径5ミリのシール。

このシールを目線の高さに貼り、肉体の目から内部の目への具体的な転換のプロセスを辿ります。

プロセスを正確に辿るとシールが鮮明に輝きつつ立体的に浮かび上がり、内部の目で直接触れて
いるような感覚が起こります。


今回の参加者さんはこの状態の見え方のとき「壁の向こう側に奥行きが生まれたようです」
と報告されました。

肉体の平面的な目で見ると視線は壁で止まりますが、内部の目に映っているときには全てが立体的な
自分の内側に入っているように感じるものです。(これは「3次元」のワンネス感覚です)

ここで見える(感じる)壁の向こう側の奥行きをそっくりそのまま反転させたものが、内部の目の裏側に
控える奥行きなのです。


【カシナの座標】

黒点

次に、上図の中心の黒点が目線の高さになるように壁に貼ります。

内部の目に映して見ると、先のシールのように黒点が立体的に浮かび上がってきますが、同時に
青い円の周囲にオレンジと金色の中間のような色が見えてくるでしょう。

内部の目の構造がカチッとはまっているときには黒点が鮮明に見えつつ周囲の色も同時に鮮明に
見えるようになります。

ここで注意するのは、周囲に見える光のようなものに興味を向けず、ただ映っていることをそのまま
見るということです。


カシナ瞑想のように円盤を対象にしてサマタ強化を目的にする場合は、黒点と青い円を内部の目に
映している状態のまま瞼を閉じ、眼窩の空間の辺り(眼球と松果体の間)に残像を浮かせておき
(外への投射と内への引き込みのベクトルの拮抗する「あいだ」に浮かせておく)対象に集中し続ける
と残像の輪郭がくっきりしつつ色が浮かび上がってきます。

このとき内部の目の機能は自動的に働いていますが、集中対象は「見る」というよりも意識で直接
触れているようにします。


この浮いている座標がポイントで、間違いやすいのは眼球の外の虚空に浮かせた対象物をサードアイ
を前方に押し出しながら見てしまうことです。

この位置の場合、眼圧により対象が発光するようには見えますが、肉体の目と気づきが癒着し集中は
肉体の粗雑なレベルに留まります。


【ニミッタとヴィパッサナー】

カシナの残像を浮かせておくとき、サードアイは前方と後方の押し引きの「あいだ」にふわっと開いて
いるようにしておきます。

集中が高まってくると丹光(ニミッタ)の発火が起こってきますが、ヴィジョンの位相は意図的にカシナを
置いている位相とは異なり、座標のない虚空にランダムに顕われます。

ニミッタのヴィジョンは非常に鮮明ですが、カニカサマーディの手前で見切られる創造の選択肢群とも異なり、
すでに創造された現象の記憶の余剰エネルギーの放出のようなものです。


カシナのサマタを応用してヴィパッサナーへ移行させるなら、内部の目に映っている中央の黒点が肉体の目
のサッケード運動に伴いチラチラと動くズレを意識の触覚で見切っていきます。

見ているうちに集中が高まり瞬間瞬間の気づきが高速化すると、集中対象の黒点が内部の目に磁石のよう
に吸い付いては発火して消える断続的な瞬間が起こってきます。


この状態になったとき、千載一遇のチャンスでクンダリーニが昇ってくればエネルギーを水平に引き込み
認識転換が確定するのですが、それが起こらない場合はカシナの黒点への集中の意図をフッと解き放ち、
集中対象を全方位に一気に拡散させます。

すると、五感に触れてくるありとあらゆる現象が怒涛のごとく瞬間瞬間に顕われては消えていくのを見るでしょう。

それは、肉体の概念的な消失やイメージによるフェードアウトではなく、ほとんど物理的に肉体がバラバラ
になっていくような衝撃を伴うものです。


【「区別」と「判別」】

壁に手

内部の目で見ていたシールの位置に、こんどは自分の手を置いてみます。

このとき手の形や色は鮮明に映っていても、それが誰の手かわからないという状態が起こります。

自分の肉体を即物的に切り捨てている感覚ではなく、非常に生々しい何かがそこに確かに存在する
のにそれが誰の手だかわからないのです。


さらに、この手の上に誰かの手を重ねたとき、それぞれの色や形の違いは認識できますが、やはり
それらが誰の手かはわからないのです。

誰の手かはわからないけれど、それらは局所と全体が同時に際立ちつつ、全て「わたし」の中に
直接入っています。

これが「区別」はあっても「判別」がない世界の具体的な見え方です。


【内的拮抗と疑似金縛り】

腱が力学的に拮抗状態にある手の平を内部の目に映すと、動かそうと思っても動かせない疑似金縛り
状態のようになります。

瞑想の初期段階で集中が深まると同じような現象が起こりますが、そのときも身体内部には力学的な
拮抗が働いており固定されているわけではありません。

この疑似金縛り状態のとき、動かない手を「動かそう」とする意志とエネルギーがどこからどのように
生まれてくるのかを観察してみましょう。

どこまでも微細に辿っていけば、意志とエネルギーの源に出会うでしょう。


手の中の蘭


関連記事
⇒ #空と五感 #エネルギー酔い 【5/5(金・祝) 東京ワーク ~所感と解説~】


※ワーク参加ご希望の方は、メルマガ登録をお願いします。(参加条件あり)
⇒ ご登録フォームはこちら



⇒ Rubin's work 主催 AYA プロフィールはこちら

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ
このエントリーをはてなブックマークに追加
comment (0) @ ワーク
【#覚醒チェック #ウソつき #天上天下 覚醒からのつぶやき 114】   | 【#ヴィパッサナーかタントラか #有身見 #慈悲の瞑想と盲点】  

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する