fc2ブログ

【#ムー民 #AI絵師 #ファンタジー 覚醒からのつぶやき 116】 

2024/03/31

アイアムザット
I am that I am, that I am not that I am.
Am I that I am ?


◆勉め強いず、学び習わず、知が知を然らしむ。

◆「欽ちゃんの仮想対象」

◆この一瞬には分岐がない。
この一瞬にあるとき、選択肢は存在しない。
選択権がないのではなく、選択肢がないということ。

◆信じることで信じられる神を限定している。

◆信じる者は「信じる範囲内でのみ」救われたり救われなかったりする。

キャンベル
「イメージはイメージです」
※実際のイメージと異なる場合がございます。


◆最初に見た動くものが自分だったため、自分のなかで親と子が交錯している世界。

◆可愛い(という想念)が(直列で)渋滞している。

◆多次元に渋滞なし。

◆切られた植物の幻肢(枝)を見れば、肉体との同化も解けることでしょう。

◆間違いを繰り返しているのではなく、繰り返しが間違っているのだ。

風船

◆ワークで風船を「この世でいちばん愛しいもののように抱えてください」
と言うと、自分の赤ちゃんのように抱えた方がいました。
赤ちゃんを自然に抱える位置は、ハートとハラの中間ぐらいです。
このとき、母はハートだけではなく、ハラでも子と繋がっています。

◆この位置だと赤ちゃんの顔と対面しつつ子宮で繋がっていたとき感覚
も呼び起こされます。
二元性の愛としてこれはこれで素晴らしいのですが、ハート開発という
意味では位置がズレています。
まず、この無意識に顕われるカタチがどこに繋がっているのかに意識的
になる必要があります。

◆また、パーンと風船が割れたとき、大切なものが一瞬にして壊されて
しまう悲しさや憤りを覚えるかもしれませんが、現象世界のカタチある
ものは全ていつか崩れ去っていきます。

◆しかし、その現象を発生させているハートには、かつて繋がっていたもの、
いま繋がっているもの、これから繋がるもの、全ての振動があるのです。
その源は、見かけ上の現象への愛に執着していては見つかりません。

ファンタジー
リアリティが、目を閉じる。

◆人生は「不滅」というファンタジーを探す旅。

◆わたしの完璧さを知ることが、覚醒の確定です。
これはファンタジーでもなんでもなく、明確に
見ることができるのです。
想像の余地は一切ありません。

◆この世の何が幻想かって、神は無償で世界を創造したはずなのに、
神と人が契約を結んだときから、創造は有償に堕ちてしまったんだよ。

◆そろそろ人間の「空想」という資源領域の奪い合いが始まりそうですね。
(いや、とっくに始まってるか)
不特定多数の「空想」がコンテンツ資源として利権化・有償化されるとなれば、
それは血眼にもなるでしょう。
行きつく先は「ルーシュ」搾取で、搾取する者を創ったのが人間自身だったというオチ。

メタアイズ
「RV魔法講座メタアイズ」

◆↑パートナーのリアル氏の「RV魔法講座メタアイズ」へ参上。
認識能力を活性化する秘伝ワークやヒーリングを担当しガッツリお手伝い
してきました。
この後、皆さんバリバリにヴィジョンが視えるようになってビックリ!

◆リアル氏の講座で「チークダンスを踊って、最後に相手をハグ
してください」と言われて一瞬みなさん「えっ?」と引いていましたが、
自分と相手のハートの感覚だけに意識を集中していると「自分対他人」
という気まずさがなくなり、ただハートだけが踊っている感覚になるのです。

◆お互いのハートの位置を意識したままハートの奥をくっつけようとする
と自然とハグの形になります。
ハラやアタマが落ちたハート単体でのハグは、非常に純粋な感覚です。
そこにはセクシャリティや思考が混在しないので、相手が誰であろうが
気まずさや邪な感覚は一切ないのです。

◆ハートと現象界は「触れている」というより、完全に表裏一体で
「くっついて」いるんですよ。
でも、そこには未だ「表裏」があるから「くっつく」ことができるんです。

きたろう
「!うろたきいお」

◆↑これは未だ3.5次元ぐらいの天使だな笑
3次元の住人は、これを神と崇めてきた。

◆ヤバみついでに。
立方体のマザーシップが来ても乗ったらいけません。
三次元の夢に閉じ込められます。
立方体が何の象徴か考えよう。

◆魔術は置換と交換ありき。
象徴を扱う魔術の終わり。

◆象徴をアップデートしない限り、置き換えの魔術は行き止まり。

◆DNAに刷り込まれた「黄金」という象徴を書き換えよう。

フリーレン
予備知識ゼロで『葬送のフリーレン』作画

◆↑『葬送のフリーレン』まったく見てないけど「魔法と認識できない魔法」
なるパワーワードにピピッとセンサー反応。
なになに「人類が未だに解明できていない魔法が『呪い』と呼ばれている」
ですって?それは聞き捨てなりませんね。

◆今更ながら、AIとアニメ風作画は親和性が高いよね。
適当に指示するだけで、一定のクオリティ叩き出してくる。
ストーリーも動画もAIで創れるし、ほんと人間いらないなこれ。
あとは著作権の問題だけど、ソースが不特定多数なら人類共有財産でよくない?

◆少なくとも、絵が綺麗なだけで賞賛される時代は終わった。

アニメ1 アニメ2 アニメ3 アニメ4
100秒でサクサクAI作画

◆「AI絵師」の見分け方⇒背景が歪(ゆが)んでいる
「AI呪師」の見分け方⇒時空が歪(ひず)んでいる

◆物質世界よりも感情世界のほうが地獄。

◆物質を超えよと夢見つつ、地獄へ向かっていく無明。

◆良心は情と癒着しやすい。

つなぐ
「つなぐ」位相では、伝わらないことが、在る。

◆集合無意識は良心を検閲する。

◆個別の思考が落ちた後に、集合無意識の代弁者に堕ちる場合がある。
熱心に救済を語るが、自覚的な「本人」がいないだけに厄介なのだ。

◆無思考という気絶に、純度100%の魔が閃く。
魔は、フリースペースを待ち望んでいたのだ。

◆「集合無意識」や「潜在意識」と呼ばれる実体が認識に
先行してあるわけではないんですよ。
それらを存在の基底と混同しないことです。

リアリティ ノンリアリティ
←写真  / AI作画→

◆↑AIだとリアルな植物の生体エネルギーが全然でないんだよなあ。

志賀
【DALL-E de そのまんま挿絵】
★志賀直哉『城の崎にて』
「たぶん京浜東北線の北浦和駅あたりにて?」
【生成原文】
山の手線に跳ね飛ばされて怪我をした、その後養生に、
一人で但馬の城崎温泉へ出掛けた。

志賀2

◆↑AIって想像力で作画してないから逆に不気味だよね。
人間だったらこの原文からこんな絵を想像しないし。
珍奇だけど「クリエイティブ」では決してないんだよ。

志賀3

◆↑「こういうのでいいんだよ」
やればできるじゃないか。

◆私たちは「実現可能」な預言しか読み取れない。

◆100%当たる預言者と100%外れる預言者の価値は同じ。

◆誰もがどの瞬間にも全てを見ているが、選択された時点でそれ以外は隠れる。
誰もが潜在的な「預言者」だが、意図された「預言」は構造的に当たらない。

◆パンデミックを預言したとしてネット上で有名になった某占星術師。
予め手当たり次第に動画をアップしておき、外れた預言は削除していたとかいないとか。
真偽のほどはともかく、私たちの世界というのもある意味「当たった預言」だけが
瞬間瞬間に採択されているともいえる。

◆「2025年」に向けて無限にアカウントを作り、あらゆる実現可能性を
預言しておけば、必ずひとつは当たるでしょう。
外れたアカウントを全て消せば、預言は当たったことになる。
そんなのインチキですって?
いやいや、もともと「現実世界」ってそうやって出来てるものだよ?
ほら、今この瞬間も!

◆消したアカウントは全て魂の同一IPアドレスに紐づいちゃってるけどね。

ムー
『ミーム谷のムー民』

彗星
1992年の映画『ムーミン谷の彗星』怖すぎ。
あらすじより
「あと4日で彗星が地球に衝突する」とのニュースを得たムーミンは、
道中出会ったスナフキン、フローレンらと共にムーミン谷を目指す。

◆スピリチュアリズムは、魂をミーム化する。

◆夢を養う「ミール・ワーム」
夢を蝕む「ミーム・ワーム」

◆ブラックマジックカット「こちら側のどこからでもキレます」

◆「刹子、それドラッグやない、お弾きや」

◆刹那と劫は「今」のファントムです。

◆「刹那に生きる」ことは「刹那的に生きる」ことではない。

◆毎瞬毎瞬ドッキリに引っ掛かり「テッテレ~」の刹那に気絶。

◆映像を見ながら映像を反芻している刹那の無意識に気づく。


↑実験者が仙骨の位置を支点にしていることに注目しよう。
仙骨+尾骨+恥骨から動くことを意識すると最小のエネルギーで最大のパワーが出る。


◆【恐怖...本当にあった真夜中のメモ供養3】
『会いに行ける聖者』会いたかった~イエス!

◆8歳の夏休み、6歳の弟と5歳の妹と一緒に、子供だけで京都に住む
祖父母の家へ遊びに行った。
幼い弟妹を引き連れ東京駅から新幹線に乗り、京都駅に無事着いたとき
には達成感と誇らしい気分でいっぱいだった。

◆最近になって知ったのだが、実はそのとき心配した祖父がこっそり
名古屋駅から新幹線に乗り遠くから見守っていたそうだ。
祖父は子供たちの自立心と自尊心を育てるため、そのことをずっと
黙っていてくれた。
数年前に亡くなった祖父とは血が繋がっていなかったが、いつも
自愛に満ちた人だった。

◆天使も、そういう風に見守っているんですよ。
私たち人間の自立心と自尊心を育てるために。
「はじめてのおつかい」の見守りは、ちょっと人間臭いけどね。


◆↑リアル氏のRVペアワーク、私もお手伝いで参加しましたが、
故人をRVしたメッセージを聞いて、あまりにも故人そのものなので
号泣されている参加者さんもいらっしゃいました。
まるでそこに故人がいるかのように感じたそうです。

◆私は祖父の名前を書いてペアの方にRVしていただいたのですが、
祖父の性格や住んでいた場所などドンピシャで当たっていたのでびっくり。
ちなみに、その方のRVによると祖父は私に「行け(GO)!」と何度も
言っているそうです。
何処へ?笑

松尾
【DALL-E de そのまんま挿絵】
無限代の過客?
★松尾芭蕉『奥の細道』
【生成原文】
月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人なり。舟の上に生涯をうかべ、馬の口
とらへて老をむかふる者は、日々旅にして旅を栖とす。古人も多く旅に死せるあり。


関連記事
⇒ 【#不善心所 #錬金術 #トーラス  覚醒からのつぶやき 79】


※ワーク参加ご希望の方は、メルマガ登録をお願いします。
⇒ ご登録フォームはこちら



⇒ Rubin's work 主催 AYA プロフィールはこちら

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ
このエントリーをはてなブックマークに追加
comment (0) @ つぶやき
| 4/20(土)18:30~22:00「東京ワーク参加募集」(夜間開催)】     

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する